読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

佐藤さんの漫画 アニメあれこれ

このブログは主に漫画、アニメについての感想を書いています。

【アニメ】亜人 第5話 第6話(劇場版)【感想】

【アニメ】亜人 第5話 第6話(劇場版) 

~第5話 感想~

やはり解剖シーンが印象に残ってます。

うう、恐ろしかった〜。

包帯で体中グルグル巻きにして拘束される――
生き返ることができる以外は人間と全く変わらないのに――
意識のある状態で、まるでモルモットのように実験される――


切り取った腕と再生した腕を比較したり、
痛みの度合いで何回位生き返っているのかを調べたりと、もはや人間として扱っていない辺りが残酷でした。ああ、痛い〜

劇場版は、一応PG-12指定されてますが、子供が見たらなかなかトラウマになりそうなシーンだと思います。

~第6話 感想~

(劇場版で第6話に当たるシーンを見て)

今までどうにも主人公に感情移入出来ず、物語にも深く入り込めなかったのですが、
ようやくここに来てしっくりきました。

主人公の永井 圭は、感情が欠落している部分がある。

第1~5話までの感じでは、欠落してるようで欠落してない部分もあり、とらえどころがありませんでした。

それが6話まで見て、ようやく永井圭の性格が掴みかけてきた!

やはり物語のキャラクターに捉えどころがないと、どこか客観的にストーリーを追ってしまうから面白みも半減するのですが、つかめてくると面白くなってきますね!


これからが楽しみです!