読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

佐藤さんの漫画 アニメあれこれ

このブログは主に漫画、アニメについての感想を書いています。

【亜人】公式サイトで劇場版第2部「-衝突-」本予告キターーーーー!!!!【考察】

亜人】公式サイトで劇場版第2部「-衝突-」本予告キターーーーー!!!!【考察】

 

最近どんどん面白くなってきている「亜人」。

公式サイトで、劇場版第2部「-衝突-」本予告が公開された。

公式サイトを開くと突然始まる、劇場版第2部「-衝突-」本予告が超おおおおおかっこ良くて見入ってしまった!!!! 

劇場版は、5/6〜5/26迄の3週間完全限定公開となっている。

くうう待ち遠しい!!!

 

《本予告の中で気になった部分》

ドローンにわざわざ一眼レフカメラを使ってるけど、そんなに綺麗に撮る必要があるのか!?っていうか、

普通に考えたら手ブレが酷いんじゃないだろうか?ピントも全然合わないだろうし、

今時は4Kで撮れるアクションカム(手ぶれ補正付き小型ビデオカメラ)もあるので、それを使えば良いのに。 

 

映像で出てくる羽の生えたIBM

これは、顔の形からして、佐藤のIBMなのか?

 やばい!!かっこいい!!

 

それにしても、

最初の方は、主役の永井 圭に全く魅力を感じなかったが、6話辺りからどんどんカッコ良くなってきていて、

今では佐藤もどんどん魅力が増してきている。

 

永井と海斗との関係性も熱くて好き。

 どんどん面白くなってきている!

今後の展開が楽しみ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【アニメ】僕だけがいない街 11話「未来」【感想と考察・ネタバレあり】

【アニメ】僕だけがいない街 11話「未来」【感想と考察・ネタバレあり】

 

んおおおーーい!良いとこで終わったーー!!!

 

ああああ!次回が待ち遠しい!!

 

大方の予想は、合っていた。

 

西園=八代

 

何処かの屋上は病院の屋上だったんだ。

 

あと残るキーワード(OP映像のシーン)は、

「銃弾」「屋上から落下」「僕だけがいない街」か。

 

(何気に「いない」の「い」の書体がそれぞれ違う。)

 

「銃弾」は、八代が悟に向けて撃つ気もするが、わざわざ銃を使うとも思えない。

 

落下は、悟か八代のどちらかが落ちるのかも。

 

川に落ちた悟を救ったのは、冒頭の回想のくだりから察するに、八代だろう。

 

 

↑あとこいつも気になる!

クミちゃんの所に行こうとしてるのか?

 

 

 

この時の電話で呼び出された可能性が高い。

では、何者なのか?

八代が次に誘拐するターゲットがクミちゃんで、その犯人に仕立てる為に呼び出された男なのか?

もしくは単純に、悟を狙ったカメラマン?

顔を隠すようにしてるってことは、これまで出てきたキャラ、となると、髪の色やシルエット的にヒロミ?だとしたら何故?医師になったと言っていたから、何かしら繋がりがあるような気もするが考え過ぎか?

 

 

↑のクミちゃんの病室で携帯をいじってる場面では手袋をしてるのに、ここでは外してる。

そして、

 

 

貨物用エレベーターで屋上に行く場面では再び手袋をしている。

これは、屋上で悟を始末する為か?

自殺と見せかけて屋上から突き落とすとしたら、キーワードの「屋上から落下」に繋がる。

 

クミちゃんの骨髄ドナーも気になる。お姉ちゃんと言っていたが、案外アイリだったりして。

 

↑のクミちゃんの病室にあるヒヨコと、アイリの部屋のヒヨコ、どことなく似ている?

いやいや、ドナーは雛月か?それをよく思ってないヒロミが、クミちゃんがいなくなれば雛月が骨髄移植しなくて済む!みたいなことか?いや流石にそれはないだろう。

 

 

最後に

天へと伸びた蜘蛛の糸は誰を救うのか?

 

次回で最終回というのに、伏線がまだまだ出てくる!

終わっちゃうのが寂しくも楽しみ過ぎる!

 

それにしても、雛月とヒロミがくっつくとは。

残念のような歯がゆい気持ちになる。

ヒロイン的には、アイリもいるし、悟と付き合うことはなかったとしても、なんとも言えない気持ち。

 

あと、

この手のタイムリープ設定で、病院で目を覚ますパターンはよくある。

その場合、もう一度タイムリープするのが定番だけど、ラスト1回また戻るのか!?

いや、前回過去に戻った時に「これが最後だ!」って言ってたから、もう一度はないかな。

もし、もう一度戻るとしたら、上記に書いた、「屋上からの落下」時、本当に最後のタイムリープをして、先生と共に消えるのかも。

しかし、そうなると、今回のオープニングのように、悟だけいない、「僕だけがいない街」とはならない。

「先生と僕がいない街」になる。

僕だけがいない街」にするなら、このタイトルは、実は先生目線のタイトルということになり、最後のタイムリープで先生を捕まえて、終わりにする。

ただ、それだとラスト1話でやるには、時間が足りないか。

時間配分でいうと、

前半で落下までいきCMに入る。

CM明けにタイムリープしてて、そこから一気に終わらせるには、

悟が何かに気づくのかも知れない。

そもそもこのタイムリープという能力、何故悟が持ってるのかも謎だ。

ピンチに陥った時、戻りたい時に戻る事ができた。

そんなことって夢の出来事のようだ。

つまり、これまでの出来事は全て、悟の頭の中だけで起きていた出来事。

OP映像でも映画館のような所で何かを見ている描写がある。

 

 

いや、正確には、八代の頭の中で起きていた出来事なのかも。

架空の悟という子どもを作り、殺人衝動に駆られる自分を止める存在を作り出した。

元々この街に僕(悟)は存在してなかった。

OP映像での悟と八代の対比も納得がいく。

 

うーん。

憶測が過ぎてこんがらがってきた。

まさかまさか、

悟の漫画のネタオチってことはないだろう。

 

もうあとは、最終回を楽しみにしよう。

 

《追記》

ぐはっ!!ミスった!!

これまでテレビのCMも番宣もずっと見ないようにしてたのに、もう最後だから良いだろうと油断して見てしまった。

実写映画版の予告。

ラスト思いっきりネタバレしてるやーーん!((((;゚Д゚)))))))

あんなん見ちゃったら予想ついちゃうよー!!

何で全国放送のテレビで肝心な部分映すんだよー!!

ラストを楽しみにしてる方は絶対に予告見ちゃダメですよー!!

ってか、映画の公開明日って!

せめてアニメ終わってからにしろー!!

メイキングとかも見られるようになってたけど、物語の雰囲気崩れちゃうよー!!

子役も酷かったぞー!!

こーゆー繊細な演技が必要な物語は、実写化しちゃダメだよー!!

おろろーん!!。・゜・(ノД`)・゜・。

 

 

僕だけがいない街 Blu-ray&DVD 全2巻 各巻6話収録 発売決定!

僕だけがいない街 Blu-ray&DVD 全2巻 各巻6話収録 発売決定!

 

僕だけがいない街」のBlu-ray&DVDが発売決定という事が公式サイトで公開された。

なんと、上下巻の全2巻で各巻6話収録。

この時点で最終回まであと2話という事も決定。

分かってはいたけど、やはり寂しい。

とはいえ、上下巻の全2巻にしたのは、視聴者の財布に優しい!

 

最近のアニメのBlu-ray&DVDは、微妙な特典付きにして、肝心の内容は各巻3話程度、下手すりゃ2話しか入ってなかったりする。

そうなると、全12話のアニメなら、1本¥4000〜5000するBlu-ray or DVDを6本も買わなければいけない。

しかし、今回は2本買えば済む!

ありがたい!!!

 

……いや、待てよ。

 

肝心の1本の価格はいくらなんだろう?

 

 

 

Blu-ray ¥19,440 DVD ¥16,200

 

それなりやないかーーい!!

 

ま、そりゃそーですよね。

ともなると、逆に買う人が絞られるような…。

 

ま、そういうことは置いといて、他にも

特設サイトで、ノンクレジットOPを公開していたり、主題歌のASIAN KUNG-FU GENERATION 「RE:RE:」もリレコーディングされ 3/16に販売されました。

 

そして、遂に今夜、最終回前話が公開される。

深夜が待ち遠しいです。

 

【アニメ】銀魂 314「業」【感想】

【アニメ】銀魂 314「業」【感想】 

 

ついに松陽先生きたーーー!!!!(((o(*゚▽゚*)o)))

 

漫画でも圧倒的強さだったけど、アニメで見るとより一層強く見える!

アニメーションの動きがヤバイ!!!!

綺麗でいながら迫力たっぷり!! 

 

でも、漫画では虚が登場して2話目でその正体が松陽先生なんじゃないか?ってなったのに対し、

 

アニメだと声優が同じだから、出た瞬間に松陽先生ってバレバレなのが残念なところでした。

 

ドキドキする間もなく一気にぱぱぱーーんと展開していく感じだった。

 

前回の終わり方が、神楽が沖田と信女の戦いを仲裁するところで終わったから、それほど続きが気になる終わり方ではなかった。どうせなら、虚を登場させて沖田ボロボロにした所で次回に続く。にすれば、原作を知らない人は、虚、超強い!正体は誰なんだ!?みたいに考えられて、次回への楽しみが増えてよかったんじゃないかと思った。

 

とはいえ、来週で「さらば新選組編」クライマックス!!!!

やばいやばいやばい!!!!

 うう、終わっちゃうのがつらいいいいい!!!!

続けてくれええ!!!続けてよおおお!!!!

アニメーションスタッフーーーー!!!

 

そんなこんなで楽しみにしています!!

 

【漫画】HUNTER×HUNTER 2016.3.19連載再開!

【漫画】HUNTER×HUNTER 2016.3.19連載再開!

長かった…

 

 永かった……

 

本当に永かった…

 

冨樫いいいいいいいい!!!!

 

待っていたぞおおおおおおおお!!!!!

 

ありがとおおおおおおお!!!!!

 

HUNTER×HUNTER!!!!

 

やっとこさ!!

 

やっとこさ!!!!

 

連載再開!!!!!!!!

 

10話位やって、その後また1年休止とかありそうだけど、とにかく復活して良かったあああああ!!!!

 

ストーリーとしては、~暗黒大陸編~に入って急激にキャラが増えたけれど、その分だけまたばったばったと消えていくのだろうと思う。

 

本シリーズに入って、ようやく「ゴン、キルア、クラピカ、レオリオ」の四人が揃うことになるのかどうか、注目だ。

いやきっと揃うと思う!!

 

そして、ゴンの失われた念能力も、暗黒大陸の不思議な力で元に戻るかも?

 新たに出てくるキャラクターたちも楽しみですが、

幻影旅団の動きや、ヒソカの動きも気になるところです!

あいつらといったら、本当にやばいからなあああああ!!!!

ちなみに、僕がこれまでで一番好きなシリーズは…、

NGL編の途中まで。

さあ、これを越えるシリーズになるのか!

今週末が楽しみだ。

 

 

【アニメ】亜人 09話「待て、もう一度話し合おう」子供が真似したらヤバイ!永井圭の思考【感想】

【アニメ】亜人 09話「待て、もう一度話し合おう」子供が真似したらヤバイ!永井圭の思考

 

永井 圭と、中野 攻の接触がある回でした。

永井 圭も、どんどん亜人の能力を開花させ始め、見ていて面白くなってきたところです。
 
だああああが!!!
 
中野  攻とのバトルでの"人を殺す為の方法を考える場面"は、ひどく恐ろしい。
 

 それはなぜか!?

一時期流行った"失神ゲーム"の描写や、中野 攻を溺れさせ、何秒で意識を失うのかを試す過程は、子供をはじめとした一部の人間に悪影響を及ぼすのではないかと不安を覚えるものだったからです。
この手のアニメで上記のようなことを言いだしたらキリがないのは分かっているんですが、それでも、言わざるを得ない!!なんとなく残るものがあったから!
本来こんあ部分が残ってはいけないのだ!!
この手の裏技というか、表現方法は確かに見るものに衝撃を与える為、見ていて飽きさせないようん方法でもあるのだが、なんか卑怯にも思えてしまうのだ。
今回の部分もだが、それ以上に問題と思ったのがやはりあのオペシーンだ!
 衝撃的なシーンでこの亜人を語るには必ずしも必要なシーンではあるのだが、なんとかそういったシーンを見せずには出来なかったものかと思ってしまう。
やはり、こういった世界観のものが、世に現れる犯罪者を増やすことに少なからず確実になってはいると思うのだ。
僕はそんなのは、見る人間がちゃんとした人間であればそれを見たとしても犯罪は起きないと声を大にして言いたい!だが実際はそうも言えないのだ。
では仮に精神面が不安定な人間がこういった作品を見た時にどうなるのか?そればかりは、絶対に影響がないとは言えないから。
 
最後に、
 
FXに対する戸崎の反応が、意味深過ぎて気になりました。

【アニメ】僕だけがいない街 1〜10話 真犯人のあの男の意味深なカットまとめ

【アニメ】僕だけがいない街 1〜10話 真犯人のあの男の意味深なカットまとめ

前回の記事で書いていた、記憶に残る意味深なカットをまとめました。

改めて見てみたら前回書いたことは間違いだらけ、修正も兼ねて書いていきます。

 

《第1話》

前回の記事にも書いていた、犯人らしき男が連れ去ろうとしている女の子が舐めていた物。

てっきり飴かと思っていましたが、飴ではなく、ソフトクリームでした。

これが八代学だったとは!

髭があるように見えるが、何処と無く面影があるか。

 考えてみれば、もう10話。

20話以上になるんじゃないかと思っていましたが、多分1シーズンで全部終わるんですね。

4月に入る前のあと2話位で最終回なんでしょう。

だからこそ、3/18から実写版映画も公開するのか。

映画化されてどこまで話が進むのかと思ってましたが、多分最後までやりそうですね。

原作が何巻まで出てるのかも知らずに見てたのですが、多分10巻も無さそうです。

 

今シーズンで終わると考えて見た場合、全部で12〜13話完結。

そうなると、前回の9話までに真犯人が登場していない訳がない。最後の最後で新しい登場人物を出して、その人が犯人でした!じゃ面白くないですからね。

オープニングの歌の中で、この物語の登場人物が全員出てると考えると、その中の誰かが真犯人。

そして上の帽子を被った男に近い年齢の人物を考えると、自ずと八代学しかいなくなる。

 

《第2話》

意味深な車からのアングル。

実はこの車に乗っていたのが八代学だったんじゃないかと思いましたが、まだ下校途中の生徒もいるし、それはないですね。

しかし、観ていて、車に連れ去られるんじゃないかとかドキドキしていました。

 2話の後半で一瞬チラッとだけ映るシルエット。

これはもう八代学にしか見えない。

虐待を受けている生徒を心配して見に来ていたとも考えられますが、やはり誘拐の下調べだったんですね。

 

《第3話》

この時に同級生でいつも一緒にいる広美も殺害されてると分かっていたんですね。

加代の存在が大きすぎて、全く気にしてなかった。

3話のラスト。

凄く意味深でしたが、これは、誕生日会のサプライズの計画だったから問題なし。

一瞬、誘拐のグルだったのかと思いました。

 

《4話》

ラストの八代の台詞「遅刻はカヨ1人だけか」

自分が殺害したから来れないのに、よく白々しく言えたもんだ。

 

《5話》

冒頭の八代の台詞「どうしたサトル?心配事でもあるのか?」

これも分かっていながらさらりと言ってる。

右の眼鏡の男。市会議員の西園という名前だが、

この男は単に犯人はこいつだと思わせる為のミスディレクションだったのか?それとも…。

また大ハズレになるかもしれませんが、ひょっとしたらこの男が八代学なのかも。

第10話で八代はサトルに、「僕が手にするのは、僕の手による、僕の為だけにある市だ」と言っている。

市会議員になっていてもおかしくはない。

西園が偽名、もしくは八代学が偽名なのか。

 

《6話》

このカットでは八代学の名前はギリギリ見えていなかった。一瞬のカットとはいえ、ここで見せてしまったら視聴者にバレてしまうから隠しておいたのか。

ラストのこのシーン。警察官がいる中に関係者のように立っていられるということは、やはり市会議員だからなのか。

しかし、

 

《7話》

5話で登場した西園と7話冒頭のシーンを見比べてみると、ネクタイの色が違うのと、バッチもつけていない。

市会議員というのは、ただの憶測に過ぎないのか。 

3月3日の朝、本来?ならば八代がカヨを殺害して、「カヨは遅刻か」という筈だが、今回は違う。計画が狂ったことをサトルが関係してると踏んで見ているのだろうか。

 

《8話》

計画が狂って怒りを露わにする八代。

この時は見ながら、なんでこんな危なっかしい場所に泊めるんだ!自分の家に連れてけよ!って心底思っていました。

この時点では、まさか、このバスにカヨが乗っているとは、八代も気づかなかったようだ。

 

《9話》

爽やかな表情。冒頭の八代の活躍は、まさか犯人な訳がないと思わされました。

 

職員室での会話。

サトルにカヨをずっと家で匿っていたのか問うと、例のバスに居たことを知る。

八代「へー、来るのはお前たち誘拐犯だけって訳か」

この時の心情はどんなことになっていたんだろう。
 

新たな誘拐計画の実行日にサトル達と遭遇。

この時、大量の飴が出てきた時は、やはり八代だったのか!?これで子供を誘い出して誘拐してたのか!!?と思いました。

 

この時の台詞で3年前にタバコをやめてから、飴を舐めだしたと言っている。

3年前に何故タバコをやめたのか?

タバコのせいで誘拐に関する事の失敗があったからなのかも。

もしくは、タバコと言うのは嘘で、犯罪の欲求を抑え込む為に飴を舐めているのか。

 

前回、指をトントンしてたのは、誘拐をしようとしていた時、そして今回もだから、タバコではなく単に殺害欲求不満からくるものなのかもしれない。

 

《これからの展開予想》

 

 

オープニング曲の映像。

この映像の中で起きてる事は、物語の中でも起きている。上のシーンは、アイリの家の火災の時を再現してるように見える。

 

教室に水がなだれ込んで来るシーン。これは10話で川に落ちた時の再現だろうか。

となると、

オープニングの映像の中では出てきていて、物語ではまだ出てきていない映像がある。

それは、

銃弾に追われ、屋上から飛び降りるシーン。

多分学校という設定は、頭の中のイメージ。

予想では、八代に銃弾を撃たれるシーンと、何処かから飛び降りるシーンが残る2話の中で出てくる事と思います。

そして、

ひょっとしたら、全て夢だったんじゃないかとも思ってたりします。

1話でのバイク事故で、目を覚まさず、過去の記憶の世界に迷い込んでいる状態。

もしくは、全て一連の事件が全て終わったあとの眠りでの世界。

タイトルの「僕だけがいない街」が指すように最終的にサトルはいなくなってしまうのかもしれない。

サトル1人がいなくなって、他のみんなは助かる。そんな終わり方をするのかも。

 

残すところ、あと2回!(多分)

楽しみにしてます!!